シドニーのシェアオフィス色々。

©️2020 June@Dreamtime Graffiti

 以前に私がインターンシップで働いていた会社がシドニーのシェアオフィス内にあり、貴重な経験ができたので、今日はその時のお話を書いてみようと思います。

 シェアオフィスとは?

 まず、ご存知とは思いますが、シェアオフィスについて色々ご紹介します。

 シェアオフィスは、同じスペースを複数の企業や個人によって共有するオフィスのことを指します。オフィス賃料などの固定費が抑えられたり、他の利用者と情報交換ができたり、さまざまなメリットがあります。近年、日本でもシェアオフィス・コワーキングスペースが普及してきたと思うので、今この文をお読みの皆さまにとっても身近なものになってきていると思います。

 シドニーにあるシェアオフィス・コワーキングスペース

 1.WeWork

 シェアオフィス・コワーキングスペースサービスの代表といえば「WeWork」ではないでしょうか。シドニーでは11拠点展開しています。ロケーションによっては、屋外スペースやシャワー室も完備しています(内6拠点は犬連れ出勤も可能😂)。スケール感を掴んで頂くために、ちょっとプランを比較してみました。

 ◯プラン1 プライベートオフィス
 専用のオフィス、規模は1〜100名まで
 $1,150-2,380/per month (日本円で約93,000-191,000円/月) 

 ◯プラン2 専用デスク
 専用のデスク
 $550-950/per month (日本円で約45,000-76,000円/月)

 ◯プラン3 ホットデスク  
  個人・小規模向け、共有デスク
 $450-550/per month (日本円で約36,000-45,000円/月)

 *利用料は目安です(ロケーションや空き状況によって変動します)。

(共用エリア)WeWork 161 Castlereagh St WeWorkオフィシャルサイトより引用
(ホットデスクアエリア)WeWork 320 Pitt Street WeWorkオフィシャルサイトより引用

2.Regus

 こちらも世界展開しているサービスで、NSWでは25拠点を展開しています。特徴は、WeWorkより少し安めの価格設定になっているところで、バーチャルオフィスのサービスも提供している点でしょうか。

 ◯プラン1 オフィススペース
 専用のオフィス
 $360-/per person per month (日本円で約29,000-円/月)

◯プラン2 コワーキングスペース
 共有デスク
 $339-/per person per month (日本円で約28,000-円/月/人)

 ◯プラン3  バーチャルオフィス
 会社のアドレスとして使え、電話対応や郵便物取り扱いサービスもあります
 $122-/per month (日本円で約9,900-円/月/人) 

 *こちらも利用料は目安です(ロケーションや空き状況によって変動します)。

8 Parramatta SquareWeWork Regusオフィシャルサイトより引用

 3.Tank Stream Labs

 南半球最大のイノベーションセンターであるSydney Startup Hub内にある、国内屈指のコワーキングスペースです。2017年フィンテック賞でコワーキングスペース最優秀賞を受賞しました。

 私が以前通っていたビジネススクールもこの建物内にあり、様々な人を見かける機会がありました。スタートアップの会社がたくさん入ってることもあってか、皆さんエネルギッシュで刺激的な雰囲気でした。

◯プラン1 フルタイム
 専用のデスク
 $550-900/per month (日本円で約44,000-72,000円/月) 

 ◯プラン2 パートタイム
 共有デスク
 $350-650/per month (日本円で約28,000-52,000円/月) 

(共有スペース) Tank Stream Labsオフィシャルサイトより引用

 4.私の経験したシェアオフィス

 さて、一方、私が勤務していたシェアオフィス比較的は小規模で、約35席程あるデスクスペースに4つの会社が入っていました。オフィスに違う会社の従業員がいて、それぞれ働いているという空間は、私にはとても新鮮な場所でした。

 そうした全く異なる会社の集まるシェアオフィスという環境で働いてみた結果、日本とオーストラリアの働き方の違いを改めてこの目で見て感じることができました。「日本人」として感じたこと、衝撃だったことをまとめると・・・

 ①金曜日の15時からオフィスでビールを飲み始める😂

 街を歩いていると、昼間からスーツを着たビジネスマン達がパブなどでビールを飲んでいる光景は見たことありましたが、オフィスでも飲むのかと衝撃を受けました。一緒にシェアオフィスをしている他の会社の人達は、ほぼ毎週金曜日の15時に、キッチンスペースに集まってみんなで談笑していました(その姿を横で見ながら、私は黙々と作業をしていました・・・)。一度だけでしたが、ビール片手に爆音で音楽をかけはじめた人がいまして・・・当時私達はオンライン会議の真最中、それはそれは迷惑な瞬間でした・・・

(キッチンスペース)

 ②仕事中の私語は当たり前😲

 オフィス内で、常に誰かが会話しているので賑やかな雰囲気でした。仕事中の私語は当たり前で、飲食も自由!
日本で就職した一年目は、おばちゃんに「口を動かす前に手を動かしなさい」と注意され、仕事中の私語は原則NGだと学びました。なので真逆の光景をみて、オーストラリア人の「仕事は楽しんでするべき」という考えを実感しました。

 ③定時で帰宅

 定時になると、さっきまで賑やかな雰囲気から一気に静寂になります。オン・オフがハッキリしていて、「上司が帰らないから自分も帰れない」というシバリはありませんでした👏🏻

 ④ボスとのフラットな関係

 私が感じた感想ですが、ボスとの関係が横社会だと思いました。名前の呼び方、話し方など日本の縦社会との違いをすごく感じました。ボスや上司に気軽に話しかけたり、冗談を言う光景などみて、あまり年齢などは関係なく対等な関係を作っていると思います。

 以上です。シェアオフィスで働くことを通じて、日本とオーストラリアの働き方の違いを知り、自分の当たり前に思っていた「働き方」がかなりが覆されました。これも海外で生活することの醍醐味ですね。「郷に入っては郷に従え」をモットーに、これからも、色々な経験を出来たらと思います。

 【おまけ】

 オフィスで、こんな装置を使っている人が複数いました。今まで見たこと事が無かったので、調べてみみると「スタンディングデスク」と言うそうです。私のデスクには無かったので、自宅用に購入しようか検討中です。長期のパソコン作業は、姿勢が悪くなってしまうので、体にも良さそうです。

 スタンディングデスクを使用されている方、いますか?是非感想教えて下さい👏🏻

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。