NSW州のコロナ支援[ワーホリ・留学生対象]

 皆さま、初めまして。今月から参加させていただきます、ジュンです。皆さまにシドニーのリアルな現状をお届けしていきたいと思っています。

 今回は、シドニーがあるNew South Wales州(NSW)のコロナ支援についてのお話です。

 シドニーは6月26日よりロックダウン中。飲食店は、テイクアウトのみの営業なので、ホスピタリティ産業で働いているワーキングホリデー(ワーホリ)・学生は、勤務先の時短営業又は営業停止によるシフトや収入が減少し、このロックダウンで精神的、経済的にも大きな影響を受けています。

 しかし!有り難いことに今回のロックダウンでは、ワーホリ・学生向けにも様々な支援があるので、それを一部ご紹介したいと思います。(2021年7月31日現在)

 ①NSW州のCOVID-19災害支援金(COVID-19 Disaster Payment)

 勤務時間、場所、状況などいくつかの条件はありますが、対象者は週ごとに$325-750(日本円で約28,000〜60,000円)の支援金を申請することが可能です。

 ウェブサイトから、また電話でも申請可能です。英語でのやり取りが心配な方は、無料で日本語通訳サービスを利用も出来ます。センターリンク(Centrelink)多言語対応電話番号は131202になります。

 ②Food Bank食糧サポート[学生向け]

 Study NSWFoodbank NSW&ACTが提携して 、NSW州の留学生無料のフードハンパーを提供しています。自宅で受け取れます!
 
 申請フォームこちら。または電話(02) 9756 3099でも申請可能です。

 ③OzHarvest食糧サポート

 こちらも、無料でフードハンパーを提供しています。
 ピックアップのみとなります。(事前予約不要)

 住所  95 Wellington St, Waterloo. NSW 2017
 時間 火曜日から土曜日の午前10時から午後2時

 こちらの団体OzHarvestは、慈善団体に食べ物の提供やフードロス削減の活動をしている団体です。

 ウェブサイト https://www.ozharvest.org/

 ④CHINCHIN食糧サポート[サービス業従業員向け]

 こちらは、CHINCHINというレストランがサービス業の従業員向けに行っている支援で、対象者は無料で一食頂けます。ピックアップのみとなります。(事前予約不要・数量限定)

 住所  69 Commonwealth St, Surry Hills NSW 2010
 時間  午後4時から6時

 *サービス業で働いている証明の提示を聞かれる場合があるので、念の為に会社名の入った給料明細など持参して頂くことをおすすめします。

 ウェブサイト https://www.chinchin.sydney/whats-on/brb-sydney/

 ⑤Australian Venue Co.食糧サポート[サービス業の従業員向け] 

 こちらは、Australian Venue Co.というレストランがサービス業の従業員向けに行っている支援で、対象者は無料で食べ物を頂けます。
 ピックアップのみとなります。(事前予約必要!!・数量限定)

 ウェブサイト https://www.ausvenueco.com.au/hospo-meals/

 他に情報をお持ちの方は、コメント欄でシェアして頂けると幸いです(確認して情報を追加します)。

 今回のロックダウンでは、ワーホリ・留学生を対象に、政府・団体や企業の支援があり、周囲からも喜ぶ声が聴かれます。今回、自らがこうした支援を受けてみて、オーストラリアを選んで良かったなと感じています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。