[学校選択]USCは終わりました。

Photo by Francesco Paggiaro on Pexels.com

 大学のオンブズマンに出したメールは、結果として無責任な教務担当副副学長の返答で勝手に幕を閉じてきた。州のオンブズマンも結局は頼りにならなかった。

 その後、今度は恐らく本来出願していた専攻が消えることになった。それも、僕がオファーの延長申請を出し、その返事が帰ってきた直後のことだ。USCはまた同じ手口を繰り返したのだ。潰すつもりならオファー出すなよ。というか、はっきり言って詐欺だろうこれは。それも、また同じようなタイミングで決定するとは、わざとやっているとしか思えない。

 ちなみに、大学はマーケティングのトップを解任(はっきり言ってあまり役に立っていなかったので、これは賛成)、そして、今度は僕の出願した専攻の取りつぶしを決定した模様だ。情報によれば、大学は豪州計算機協会(ACS)のコース認証を取得することを目指し、コースをサイバーセキュリティ修士だけに統一、他のコースは吸収合併か取りつぶしにするらしい。作ったばかりの専攻を次々と潰すあたり、どこの専攻に出願しても安心して勉強などできないことを感じさせてくれる、ある意味気持ち良さすらある皮肉な動きだ。もっとえげつない動きを期待したくもなってくる。やるなら極端にやって欲しいものだ。でなければ僕が報われないではないか。

 さて、件のACS認証は様々な大学で行われているのだが、サイバーセキュリティ専攻での認証はまだ少ない。IT専攻での認証は当然多く、その中のサイバーセキュリティ専攻についてはかなり多くの学校が認証を受けている。そこに、教員もろくに揃わない大学が申請しようというのだから大笑いだ。

 そして、あろうことか、この申請に伴って、その審査と関係のないいくつかの教科も取りつぶしになるらしい。要はよほどこのコースが憎いのかと勘繰らざるを得ない展開だ(主任教授と何かあったのかと想像するしかないが、そこは闇の中だからわからない)。今科目を見直すと、本当にサイバー犯罪に特化された珍しい科目が並んでいるので、これがなくなってしまうのは実に惜しい。それだけ「他の大学には無い面白い科目」ばかりだったので、唯一卒業できた第1期の学生たちが死ぬほど羨ましい。

 今となっては何を言ってもどうしようもないが、学生の夢を育てる場所のはずが、権力を手にしてしまった一部の教員の下らぬ私欲で潰されようとしているというのはお笑いでしかない。本当にここは学校なのだろうか。8時間かけて行った大学の場所条件も含めて、僕はこの大学絶対誰にも推薦しないだろう。豪州三大産業(ちなみに最大の産業は鉄鉱石、次にはツーリズム、そして教育と続く)が聞いて呆れる、というか、学校という特殊なポジションに踏ん反り返り過ぎではないのか。何より、私物化甚だしいことこの上ない。

 国全体が不景気なのはわかる。しかし、この一連の行為は、教育機関としての根幹が腐っている証拠だ。この調子では、英語コースですら推薦できないし、何よりこんなことをする教務主任がいる大学は信用に値しない。

 それにしても、クイーンズランド州はどうも教育の運営を軽く見ているフシがある。今学期のグリフィスも、学生の話では、「一科目の人数が600人」とか言っている。学校側に昔聞いたところでは、これは国だか州の人材育成の方針のなせる技なのだそうで、要は一定人数にお墨付き(Graduate Certificate)を与えるよう「再教育」するようなお達しが出ているらしい。先生もいい迷惑だと思うのだが、それがまかり通るのがこの国だ。前回の200人、300人で既に辟易としていたが、今度は600人とは。呆れるにも程があるというものだ。僕も含めてだが、そんな付け焼き刃でやっていけるような業界なのだろうか。いや、もちろんITは伝統芸能ほど複雑ではないし、学生の多くが経験者なので、単に学校の金儲けとも取れなくは無いのだが。

 そんなことを考えていたら、今度は2024年まで自由な往来は無理だろうというコメントが出てきた。更に、医学生に関しては、再入国が許可されるという知らせもある。が、この国はもしかすると教育産業をリストラしようとしているのかも知れない。シドニー大学などは「入学申請は却って増えている」と景気の良さそうなことを言っているが、政府は「入国制限政策に変化はない」というチグハグさがあるからだ。だが、USCのような横暴な大学の存在を見ていると、一回締め上げるのもいいのかも知れない、という気にすらなってくる。

 これまでの経験から考えると、日本の教育もろくなところはない。が、多くの学生が詰め掛ける豪州ですらこうなってしまうと、本当に楽しく学べる学校はどこかに存在するのか、甚だ疑問になってくる。次世代のためにも、まだまだ多くの国の教育機関を知る必要がありそうだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。