オーストラリアで取る!運転免許。

 ご無沙汰しております、マナです。大学も休暇に入り、日本にも帰れないということで暇をしておりましたが、これは運転免許を取得するいい機会だと思い、挑戦することにしました。今日は、取得までの道のりをご紹介したいと思います。

 まず最初に、オーストラリアは日本と同じ左側車線で、道路交通法も比較的似ていると思います。オーストラリアもジュネーブ条約締結国の為、こちらで運転免許を取得すると、日本に帰った時も国際免許を持ち帰ることで運転することができます。取得費用については、日本だと教習所・試験・取得まで約30万円ほどかかりますが、オーストラリアでは(人によりますが)やや日本より安く免許証を取得することができるように思います。

 ここで紹介する免許証取得の方法はクイーンズランド州のやり方に基づいているので、他の州では少し異なる部分があると思います。一つずつ英語ですがリンクを貼ってありますので、さらに情報が欲しい方は、そちらを参照してください(英語です)。

 STEP 1.PrepLを受ける

 https://www.qld.gov.au/transport/licensing/getting/learner/prepl/prepl/prepl-online-learning-and-assessment

 PrepLは、日本でいうと、教習所に行って習う標識や交通ルールなどをカバーしています。この講習に申請するには、身分証明書と$25.75が必要となります。講習はすべてオンラインで、講習とテストがセットになっています。一度に終わらせようとするとだいたい4~6時間くらいかかってしまうので、私は毎日少しずつ分けていました。また最後に30問くらいある大きなテストがあるのですが、家族や友達に聞くことが許可されているので、日本の教習所に比べて少し緩い感じがします。

 STEP 2. PrepLに受かったらLearner Licenseを取得

 https://www.qld.gov.au/transport/licensing/driver-licensing/applying/learner

 このLearner Licenseを取得した時点で、隣に免許証を持っている人がいれば道路で運転することができます。またLearner Licenseを申請するときに運転免許証も発行されるので、$137.30が必要になります。この申請もオンラインでできます。

 STEP 3. Learner Licenseの間にLogbook Requirementsをクリアする

 https://www.qld.gov.au/transport/licensing/getting/learner-logbook

 Logbook RequirementsはP1免許証を取得するのに必要な条件で、25歳以下の人は100時間の運転が必要となります。この100時間がなかなか大変です。オーストラリアでは自動車の教習所がない分、知人や家族の人に頼んで練習をお願いするのですが、その運転練習を会社に頼むをだいたい一時間レッスンが$60前後になるのでなかなか出費がかさむことになります。私は最初の10時間のパッケージプランを会社に頼んだので、$650かかりました。残りの時間は知人に頼みます。100時間の運転練習が達成できたら、最後にPractical Driving Tests(路上検定)に合格しなければいけません。この運転試験では$60.25を必要とします。

 STEP 4. P1を申請

 https://www.qld.gov.au/transport/licensing/driver-licensing/applying/provisional/p1

 Practical Driving Testsに合格したら、P1(Provisional License1、日本ではいわゆる仮免許でしょうか)を申請します。P1を取得すると一人で運転できることが可能になり、21歳以下(家族などの身内ではない者)を乗せて23時から5時の間に運転することができるようになります。しかし、大音量のスピーカーやハンズフリーの携帯電話を使用することは禁止されています。このP1免許の書き換えには$78.75必要となります。

 STEP 5. P2/ Open Licenseを申請

 https://www.qld.gov.au/transport/licensing/driver-licensing/applying/provisional/p2

 P1 Licenseを最低12か月間所持し、Hazard Perception Test (危険にどれだけ早く気づき、対処できるかの試験)をオンラインで受け、合格したらP2を申請することができます。この試験はオンラインしかなく、$21.30が必要になります。P2は23歳以下の人が取得するものですが、24歳以上になるとOpen Licenseを取得することができます。P2 Licenseを取得するとハンズフリーの携帯電話を使用することができるようになります。P2とOpen Licenseの違いは、練習生の運転を監督できるかできないかになっています。またP2保持者は車に緑のPと書いてあるプレートを設置しなければなりません。

 このようにクイーンズランド州の運転免許証取得までの道のりは日本に比べて長い気がします。日本でいう本免許を取るまでに最低1年は要するので、オーストラリアで免許を取りたいと考えている方は、期間が長い分、注意と準備期間について考えておくことが必要です。

 試験や講習もろもろの値段を計算してみると、P2/Open Licenseを取得するまでに$323.35+練習料金となり、日本の免許取得よりも確実に安く済むことがわかりました。あと、私の印象として、教習所がない分、ゆるいところがさすがオーストラリアだなと思います。

 本免許にはまだまだ時間がかかりますが、私自身もこれから運転を練習していくので、気づいたこと、困ったことなどがあったら随時更新していきたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。