配給の中身。

 学生ハブで配給された食料は、玉石混交だ。

 今回に関しては、砂糖に小麦粉、麺類が入っていたので、確実に家計の足しになったのだが、いつも困るのがこの冷凍食品だ。日本であれば、コンビニのピラフすら極上の味付けをしているものだが、こちらは大違いだ。

 袋から出た瞬間の姿がこれだ。この時点で食欲は削がれているのだが、これを温めて食べてみると、余計に食べられない。アジア人の味覚からは信じられない味付けをしてくれている。

 ということで、毎回貰う冷凍食品は、80%は味見の後でお蔵入りになる。無駄の骨頂だ。これは誰しもが経験していることで、偶にアタリがくると、それは嬉しい食卓になるのだが、大方は期待を最悪の意味で裏切ってくれる。

 ただだから文句は言うまい、とは思うが、これではオーストラリアの食料を余計に無駄にしているのと同じことであり、フードバンクには再考を促したいところだ。

配給の中身。” への6件のフィードバック

追加

  1. 基本的に味はあまり変わらないと思いますが、市場(地域)によってオリジナルメニューがありますね。バーガーもドリンクも、こんなのあったっけ?というチョイスがあります。

  2. 日本と海外ではファストフードも味が違うんでしょうか???

  3. そうなんです。ちなみに僕はケンタとバーガーキング派なんですが、残念あがらこちらにきてからご無沙汰です。なんか自動販売機のあるマックに流れてしまって・・・こちらのマックはタッチパネルで注文するコーナーがあって、楽なもんですから。本当はいる間にいろいろ試さないといけないんですが・・・

  4. ファーストフード!
    たまに食べると美味しいですよね〜!
    ハンバーガーがめっちゃ食べたくなる時あります(笑)

  5. 日本と中国に同じくらい住んでいたのと、こちらの物価の高さから、そこまで日本料理に執着はないのですが、何だかこう論外の味に出会ったというか、逆にファーストフードが食べたくなりましたw

  6. 海外の色は塩辛かったり甘すぎたりすると聞きますが、きっと海外に行ったら日本の料理が恋しくなるのでしょうね><

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。